• ホーム
  • ゾビラックスとバルトレックスとでは1回の用量と服用回数に違いがある

ゾビラックスとバルトレックスとでは1回の用量と服用回数に違いがある

男性と話している医者

ゾビラックスとよく似た医薬品の1つにバルトレックスがあります。バルトレックスを開発したのはグラクソ・スミスクライン社であり、二つの治療薬は同じ会社です。治療薬の有効成分はバラシクロビルであり、この成分がゾビラックスに配合されているアシクロビルとよく似た作用を持ちます。バルトレックスはゾビラックスを改良して作られた製品なので、その効果が似ていることは必然的ともいえます。バルトレックスとゾビラックスの大きな違いの1つはその服用回数です。ゾビラックスは1日に5度の服用を必要としますが、バルトレックスは1日に3度の服用を行います。バルトレックスは1錠あたりの効き目が大きいということです。服用回数がやや少ないので費用や手間を減らすことが出来ます。また、ヘルペスの初発や再発時に必要となる服用期間は5日とされており、この期間もゾビラックスより短めなのでメリットが多いと言えるでしょう。ただし、予防目的で服用する場合にはゾビラックスと同様に1年の服用期間を必要とします。バルトレックスは副作用もゾビラックスとある程度似ています。具体的には頭痛、眠気、腹痛などが起こり得ます。いずれも大きな症状になることケースは少ないですが、どうしても副作用が大きかった場合には服用を中断するようにしましょう。

バルトレックスに含まれているバラシクロビルにはウイルスの活性化を抑制する働きがあります。ヘルペスウイルスなどの病原体は細胞内にあるDNAポリメラーゼを働かせて、自身を増殖させるという形で影響力を及ぼします。バラシクロビルにはDNAポリメラーゼを抑える働きがあるので、ウイルスは徐々に増殖が出来なくなります。増殖が出来なくなったウイルスはその力を失い、ヘルペスの症状は改善されていくという仕組みです。バラシクロビルは従来のゾビラックスに配合されているアシクロビルに比べて吸収性が高いという明白な違いがあるので、より短い期間で効果を発揮しやすいというメリットがあります。

バルトレックスはどのタイミングで服用したとしても一定以上の効果を期待できる医薬品です。しかし、一層大きな効果を発揮させたいという場合にはヘルペスの予兆の段階で服用することが重要となります。帯状疱疹や水痘を治療する場合には7日間の服用が必要となっており、性器ヘルペス治療の時とは服用期間が少し異なることに注意しておきましょう。アシクロビルに過敏症がある場合にはバラシクロビルも使用することが出来ません。