• ホーム
  • ヘルペスは発症していない無発症の時でも伝播するほどの強い感染力がある

ヘルペスは発症していない無発症の時でも伝播するほどの強い感染力がある

病原体

ヘルペスウイルスは人から人へと感染することによって広まっていくことが多いです。ヘルペスの症状が出始めるとうつさないようにする方も増えますが、実際には症状が出る前から感染力が発揮されているので知らず知らずのうちにうつってしまいます。このウイルスの感染力は非常に高いので、未発症でも気を付けておくことが大切です。

ヘルペスウイルスは直接的な接触により、最も感染しやすい状態となります。例えば口唇ヘルペスの場合はほおずりやキスなどをすることによって、感染してしまうことが非常に多いです。それゆえに恋人同士は特に気を付けておくことが重要となります。また、食器やタオルを共有することによってもうつることがあります。ウイルスは熱にあまり強くありませんが、水と洗剤のみで食器を洗った場合、そのあともウイルスが残留するケースがあるのでそれも感染に繋がり得ます。ヘルペスに感染している可能性が少しでもある場合には、アルコールや熱湯を用いた殺菌を実施しましょう。

性器ヘルペスに感染する理由として最も多いのが性行為です。どちらかがヘルペスウイルスを持っていた場合、性行為後には感染する可能性が極めて高いので、パートナーに移してしまわないように注意が必要となります。タオルは口唇ヘルペス、性器ヘルペスのいずれも感染させてしまう恐れがある物です。タオルを共用する場合にはその点に気を付けなければなりません。ウイルスに感染したとしても即座に症状が出ることはほとんどなく、何らかの理由で免疫が低下した時に症状が発現します。一度体の中に住みついたウイルスたちは対処をしない限り高確率で潜伏を続けることになりますが、そのことをあまり知らない方も珍しくありません。その結果、気づかないうちにその感染をどんどん拡散してしまっている可能性があります。抗ウイルス薬を使用することによって、ウイルスの増殖を止めることが出来れば感染力は次第に弱まっていきます。その点でも抗ウイルス薬を使用するメリットは大きいです。口唇への症状などを放置するとますますウイルスの感染力が大きくなり、周囲の方々にうつしてしまう可能性が高まります。自身の体の中でウイルスが増殖をし続け、別の症状を新しく引き起こしてしまう恐れがあります。感染を減らすためにも自身の体を守るためにも、なるべく早めに治療を受ける必要があると言えるでしょう。ウイルスは湿度があると一層活性力を持つことになります。