• ホーム
  • 梅毒は約3週間の第1潜伏期が終わると小豆大くらいの硬いしこりができる

梅毒は約3週間の第1潜伏期が終わると小豆大くらいの硬いしこりができる

梅毒は梅毒トレポネーマという細菌による感染症です。通常の光学顕微鏡でも確認できないほど小さい細菌なので、感染したかどうかを視認することは不可能となっています。梅毒は世界中に分布しており、多くの方を悩ませていますが有効な薬が開発されたことで治療すること自体は難しくありません。しかし、治療せずに放置することによって流行させてしまう方も多いことには注意しておきましょう。梅毒に感染してもしばらくは症状が出ません。ところが、この間にも感染力は既にあるので人にうつしてしまう可能性があります。3週間から6週間ほどの潜伏期間が終わると、次々と症状が現れていきます。初めに出やすい症状の1つは所属リンパ節腫脹です。これはいわゆるしこりと呼ばれるものであり、このしこりの発生によって梅毒への感染を自覚する方も少なくありません。しこりには痛みがなく、しばらく経つと治まっていきます。しかしながらこれはしこりが消えるだけであり、感染症自体が治まるということではありません。しこりができるまでの潜伏期間は第一潜伏期間と呼ばれます。

しこりが消失した後にはまた潜伏期間が訪れます。これは2回目の潜伏期間なので第二潜伏期間と呼ばれることがあります。しこりが消失してから4週間から10週間後、手のひらや足底に皮疹が発生します。その他扁平コンジローマや脱毛などを伴うこともあります。さらには発熱や倦怠感など、日常生活に支障をきたすほど症状が頻発するようになります。人によってはこのころから泌尿器系や中枢神経系、筋骨格系の症状を生じることがあります。これらの症状は重くなる可能性がある一方で、発症から数ヵ月が経つと治まっていきます。これで安心してしまう方が多いですが、本当に厳しい状態になるのはここからです。非常に苦しい状況になる前に治療を開始する必要があると言えるでしょう。

梅毒は潜伏期間が長いですが、潜伏中であっても感染の有無を調べることは出来ます。発現中よりも潜伏中の方が患者さんの負担が少ないので、なるべく潜伏中に治療を開始する必要があります。とはいえ、自覚症状のない段階で感染に気付くことは極めて困難です。そこで、もしかしたら感染した可能性があると感じた時にはすぐに検査を受けることが重要となります。性交渉などによって梅毒は感染してしまいます。パートナーを傷つけないためにもしっかりと検査を受け、治療することが大切と言えるでしょう。